真冬でも暖かいワークマンダウンのハイエンドモデルを比較(ユニクロのダウンとも比べました)

生活情報

ワークマンのダウンのハイエンドモデルを比較しました

今回比較したのは2021年10月22日に発売したばかりのイージスダウン【5,800円】と、自己修復素材リペアテックのダウンフーディー【3,900円】です

「比較しやすい」「コーディネートしやすい」ことを考慮してカラーは同じブラック

おまけ程度ですが、ユニクロのダウンとも簡単に比較しました

イージスがダウンの弱点を克服した、耐水圧20,000mmの耐久はっ水ダウン
■イージスダウンジャケット

ワークマンが誇る技術を集結させた、自己修復するダウン
■REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウンフーディー

【公式サイト】イージスダウンジャケット

【公式サイト】REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウンフーディー
スポンサーリンク

ダウンの弱点『雨』を克服した、イージス ダウンジャケット【5,800円】

正面

2021年ついにイージスからダウンジャケットが発売されました

着てみるとこんな感じです

着用

機能性が売りのイージス、ダウンジャケットは三菱商事ファッションが開発したDiALiGHT(ディアライト)を採用しています

ディアライトタグ
ディアライトタグ素材説明

高機能素材ディアライトの特徴

・防水性、耐久はっ水性【耐水圧20,000mm】

・高透湿性【5,000g/㎡/24h】

・防風性

スペックはこんな感じです

商品紹介の書いてある値札
後ろ

イージスダウンの特徴になっているバックポケット!

背面ポケット

ジッパー式になっています

バックポケットのアップ

スマホどころか500mlのペットボトルがすっぽり入ってしまう大容量

ペットボトルをイン

ホットドリンクを入れたら温かそう

500ペットがちょうど入るサイズ

着用した状態でも使えるけど、ちょっとキツイかも

着たままポケットに手を入れてみた

ソデは絞れて熱を逃さない仕様

ソデ

マジックテープ式になっています

マジックテープ

防風防水ジッパーになっていないため、3重の重ねになっています

ボタンで止めて重ねます

フロントジッパー

ジッパーを全開にするとこんな感じ

インナーは”つるつる”した肌触りの良い素材

ジッパーを全開

首元はしっかりあたたかい”ネックウォームパック”になっています
肌に触れる部分は別素材になっていて快適です♪

インナーの生地

着た状態

着用

BIG内ポケットが両サイドについています

2ヶ所の内ポケット

近くで見るとこんな感じです
メッシュになっているので、入っている物を確認できます

内ポケットのアップ

試しにA4サイズのノートを入れてみたら、上が少しはみ出ましたが入りました

幅には余裕があるのでファイルやバインダーなんかもいけそうです

A4ノートを入れてみました

フロントポケットも重ねになっています

フロントポケット

ポケットインナーも柔らかい素材

ポケットインナー

フードは立体的な作りになっているのでストレスなくかぶれます

フード

頭に密着してすっごくあたたかい!!

フード着用

フードの後ろにはドローコードがついていて絞ることができます

フードのドローコード

すそにもドローコード

すそドローコード

素材・取扱い表示

素材・取扱い表示

注意事項

注意事項

カタログの画像

カラーは全4色「ベージュ」「ブラック」「オリーブ」「イエロー×ブラック」

イエロー×ブラックはまだ未発売です(11月発売予定)

公式サイトでイエロー✕ブラックを確認する
カタログ

店舗状況

隣が同じディアライトを使用したイージスウォームジャケット

店頭
公式サイトでイージスウォームジャケットを確認する

陳列状況とカラー展開

発売初日(10月22日)だけあって全サイズあります

個人的にはオリーブがおすすめ

オリーブ

カタログカラーになっているベージュ

ベージュ
スポンサーリンク

ワークマンが誇る技術を集結させた、自己修復するダウン REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン フーディー【3,900円】

正面

着てみるとこんな感じです

着用

自己修復するからダウンや綿が外に出にくい

リペアテックの素材説明

スペック

天然ダウンと吸湿発熱素材の化学繊維綿を混ぜることで吸湿発熱性を向上

流行りのアルミプリントの上級版ブラックアルミで保温機能をアップ

商品紹介の書いてある値札

これが洗えるってすごいですね

後ろ

ソデをまくるとこんな感じ
熱を逃さない仕様になっています

ソデ

フーディーは防風・はっ水ジッパーになっています

防風・はっ水ジッパー

ポケットは500mlのペットボトルがスッポリ入ります

フロントポケット

着てみて気付いたのですが、こんなところにもポケットが!
ここも500mlのペットボトルがスッポリ入ります

サイドポケット

普段は目立ちません

サイドポケット

ポケットのインナーは肌触りの良い素材

ポケットインナー

2つとも同じ素材です

ポケットインナー

ジッパーを全開にした状態

ジッパーを全開

着た状態

着用
着用

内ポケットは左側に1ヶ所

内ポケット

A4ノートがはみ出ることなくスッポリ入ります
メッシュになっていないので小物もOK

内ポケット

生地は薄いので尖った物や重い物を入れると破れそう

A4ノートがはみ出さず入ります

フードは大きめになっています

フード

フードの先は少し長くなっています

フードの先端

かぶるとゆとりがあります

首周りもゆったりしているので、真冬にはマフラーなどが必要かも

フード着用

背中に当たる部分はブラックアルミになっています

ブラックアルミ

アップで見るとヒートアシストの文字が書いてあります

ブラックアルミのアップ

すそはドローコードで絞れます

すそドローコード

素材・取扱い表示

素材・取扱い表示

注意事項

注意事項

カタログの画像

カラーは「ブラック」「トープブラウン」「カーディナルレッド」「マスタードイエロー」「カーキグリーン」「アーバンネイビー」

公式サイトでREPAIR-TECH洗えるフュージョンダウンを確認する

ページ全体
左ページ

ショートパンツもあります

右ページ

店舗状況

個人的にはネイビーとレッドがおすすめです

カタログカラーのイエローも◎

トープブラウンって珍しい

ユニクロのダウンとフーディーの比較

ユニクロ公式サイト ハイブリッドダウンパーカ【9,990円】(左)
ユニクロ公式サイト シームレスダウンパーカ(3Dカット)【12,900円】(右)

ユニクロ店舗

価格が2倍以上違うので当然と言えば当然ですが、質感や黒の発色が全然違うので圧倒的にユニクロの勝ちです

ユニクロのシームレスダウンパーカ(3Dカット)とフーディー比較

ユニクロの素材はしっかり黒く高級感がありシワがほとんどありません

ワークマンのダウンはシワがつきやすい?消えにくい?のかも・・

ユニクロのハイブリットダウンパーカーとフーディーの比較

イージスダウンジャケットとフーディーの比較

イージスダウンとフーディーを並べるとこんな感じです

イージスダウンジャケットとフーディーの比較

イージスダウンジャケットの欠点

イージスダウンはホコリがつきやすいです

ホコリの付着状況

スレに強いナイロンタッサー素材のせいか、少し硬くて動きにくく感じました

でもその硬さのおかげでキレイなシルエットが維持できています

しっかりした素材なので少し硬い

購入時からついているシワが消えないです

シワの状況

バックポケットは着たままだと若干使いにくいです

着たままバックポケットに手を入れてみた

ソデのマジックテープが安っぽく感じてしまいます

ソデのマジックテープ

イージスダウンジャケットの欠点まとめ

・ホコリがつきやすい

・生地が少し硬くて動きにくい

・購入時のシワが消えにくい

・着たままバックポケットが少し使いにくい

・ソデのマジックテープが微妙

REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウンフーディーの欠点

購入時からついているシワが消えない

シワの状況

ところどころダウンが漏(も)れています

自己修復する素材なので、最初だけでそのうち直ります

ダウンや綿の漏れ
ダウンや綿の漏れ

REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウンフーディーの欠点

・購入時のシワが消えにくい

・少しダウンが漏れている

・ブラックなのに濃いグレーっぽい色合い

まとめ・感想

イージスダウンジャケットは、現場作業などで使うならこれ以外選択肢が無いくらい素晴らしいと思います
生地がしっかりしていて丈夫!!
襟やフードがしっかり立つシルエットもかっこいい!
ブラック以外ならホコリも目立ちにくいかも⁉

REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウンフーディーは、気軽にサッと着れて普段使いに最適です
フュージョンダウンとブラックアルミで気温5℃でも汗ばむくらい暖かい!
はっ水もしっかりしていて小雨程度なら問題ありません
価格もイージスより2,000円近く安いので、ワンシーズンだけの使用も良いです

どちらも若干シワが気になりますが、着ていて暖かくコスパは最強!

コメント

タイトルとURLをコピーしました