【もいわ山ロープウェイ】日本新三大夜景「もいわ山」からのパノラマ絶景を見る方法

観光スポット

日本新三大夜景に選ばれた札幌の夜景を一望できる「もいわ山」

もいわ山からの夜景(出典:もいわ山公式サイト

恋人の聖地サテライトでもあるこの山からの絶景を見てきたので行き方や注意点を共有します

幸せの鐘(出典:もいわ山公式サイト

この記事に書いてあること

・公共交通機関を使ったもいわ山への行き方

・料金

・所要時間

・混雑状況

・注意点

さぁ!まわろうSAPPORO期間中は往復1,800円のロープウェイ&ミニケーブルカー利用料が無料

観光客が減少しているため定期的に割引イベントを実施しているので、もいわ山公式サイトを確認してからの利用をおすすめします

さぁ!まわろうSAPPORO見どころ施設無料化キャンペーン札幌市公式サイト
期間:2021年11月20日(土)~12月19日(日)

さぁ!まわろうSAPPOROとは

観光需要及び施設への需要喚起を目的として、令和3年11月20(土)~12月19日(日)までの間、下記施設の入場料を無料とします。

※施設を利用されるすべての方が無料となります。

引用元:札幌市公式サイト

無料施設まとめ↓

さっぽろテレビ塔展望台公式サイト

大倉山展望台リフト公式サイト

札幌オリンピックミュージアム公式サイト

札幌市時計台公式サイト

札幌ドーム展望台公式サイト

さっぽろ羊ケ丘展望台公式サイト

札幌もいわ山ロープウェイ公式サイト

豊平館公式サイト

本郷新記念札幌彫刻美術館(記念館)公式サイト

スポンサーリンク

【もいわ山ロープウェイ】日本新三大夜景「もいわ山」からのパノラマ絶景を見る方法

観光に来たら1度は行ってみたい、札幌を一望できるもいわ山

札幌中心部からのアクセスが良く、ロープウェイで山頂まで行くことができるため、子どもやお年寄りまで絶景を楽しむことができます

天候によってはキレイに見えないため、公式サイトのライブカメラで下見するのが賢明です

公共交通機関を使ったもいわ山への行き方と料金

山頂までの大人1人料金まとめ(公式サイト)

市電往復:400円

ロープウェイ往復:1,200円

ミニケーブルカー往復:600円

合計:2,200円

料金表(出典:もいわ山公式サイト

札幌の中心地、大通から市電と無料シャトルバスを使ってロープウェイ「もいわ山麓駅」へ向かいます

市電は周回しているので内回りと外回りどちらに乗ってもロープウェイ入口に行くことができます

料金は一律で大人200円、子ども100円

出典:一般財団法人札幌市交通事業振興公社

市電に揺られること約22分

市電の中のシャトルバスの案内

目的地のロープウェイ入口駅に到着

市電ロープウェイ入口駅

市電ロープウェイ入口駅には無料シャトルバスのりばの案内が掲示してあります

市電ロープウェイ入口駅にあるもいわ山麓駅までの案内

シャトルバスのりばに向かう途中にも案内板があり、迷うことはありません

シャトルバスのりばに向かう途中にも案内があります

徒歩2~3分でシャトルバスのりばに到着

シャトルバスのりば

バスは15分間隔で出発しています

シャトルバスの時刻表

待つこと7分バスが到着

シャトルバス

乗っていたのは5人くらい

コロナ対策の換気のため窓が少し開いています

シャトルバス

バスが出発すると2分ほどでロープウェイのりばに到着

バスは2分ほどでロープウェイ山麓駅に到着
ロープウェイ山麓駅

バスを降りると駐車場が見えます

ほとんどの人はマイカーで来ていました

一般駐車場

ロープウェイのりば「山麓駅」

山麓駅の外観

ペットも同伴できるようです

ルールはありますがペット可です
コロナ対策とランチの案内

山頂までの案内

もいわ山ロープウェイ全景

山麓駅ではフリーWi-Fiを利用できます

山麓駅Wi-F

ロープウェイも15分間隔で出発しています

ロープウェイの時刻表
休日は行列ができるエレベーターのりば

エレベーターで4階のロープウェイのりばへ行きます

休日はこのエレベーターに乗るために1時間並んだそうです

山麓駅エレベーター

4階に上がるとマスコットキャラが飾ってあります

マスコットキャラのもーりす
日没時間の案内
山麓駅4階からの景色

10分ほど待つとロープウェイが到着

4階ロープウェイを待つ列

新しいのかキレイなゴンドラです

5分ほどで乗り換えする中腹駅に到着します

ロープウェイ

ロープウェイは後方正面に乗ると景色を楽しむことができます

窓を開けて常に換気をしているため少し寒いです

ミニケーブルカーに乗り換えます

待ち時間は5分ちょっとくらい

中腹駅でミニケーブルカーに乗り換え

待機列の横に料金表が

ミニケーブルカーの案内

気象情報も確認できます

気象情報

2台のミニケーブルカーで登ります

ロープウェイのゴンドラと比較すると半分くらいの大きさです

ケーブルカーも後方に乗ると景色を楽しむことができます

ミニケーブルカー

ここから山頂駅です

ケーブルカーを降りると山頂です

展望台はRF(3階)です

山頂展望台にある幸せの鐘

恋人の聖地

カギをかけて愛を誓い合う場所です

恋人の聖地
11月でも山には雪が積もっています
札幌市中心部方向
つどーむ方向
景観案内
人が行かない場所は除雪していないので雪が積もっています

ほとんどの人は寒さですぐ室内に戻っています

展望台から山頂駅に戻る自動ドア

展望台の自動販売機、永遠の愛を誓い合う「愛の鍵」は1,000円

永遠の愛を誓い合う愛の鍵(1,000円)

山頂のレストランには軽食と普通の食事があります

山頂レストラン ジュエルズ
通常の食事メニュー
軽食
ドリンク
メニュー
2階からの景色
山頂駅のフロアマップ

テイクアウトした人が食事できるスペース「テイクアウトラウンジ」があります

テイクアウトラウンジ
テイクアウトラウンジ
ラウンジ内のテーブル

雪のため見えにくいですが、景色を見ながら食事できます

ラウンジ内のテーブル

1階に降りると

レストランは2階

外に出ることができます

1階は外に出れます
気温1℃の寒いなか登山している人もいました

登山者も休憩に利用することができます

外から撮影
外から
山頂もクリスマス仕様
ケーブルカーの乗車券

良心的な価格の自動販売機もあります

山頂駅の自動販売機
山価格にしては良心的
電子決済にも対応
もいわ山マップ
山頂駅ミニケーブルカーの案内
ケーブルカーを待つ列
ケーブルカー

ここから中腹駅です

ケーブルカー詳細
中腹駅のクリスマスツリー

中腹駅にはお土産ショップ「Mt.MOIWA SOUVENIR SHOP」があります

お土産ショップ全景

YOSHIMIのお菓子は止まらなくなる美味しさです

小袋なら160円くらいでリーズナブルなのでおすすめ!

お土産売り場

YOSHIMIのお菓子は過去記事で紹介しています

ロープウェイの乗車券売機
ロープウェイなどの料金
ロープウェイを待つ列

お昼時ということもあり下りは7人くらいしか乗っていませんでした

ロープウェイ

所要時間

所要時間まとめ

上記移動時間にプラスして、待ち時間が往復1時間くらいかかります

混雑状況

混雑状況

私が行ったのは平日の日中ですが、無料期間ということもあり上りは70%くらいの乗車率でした

25人くらいの人と一緒に乗ります

マイカーで来ていることを考えると、乗客の9割くらいが北海道の人だと思います

ロープウェイ混雑状況

スタッフの人に聞いたところ、ロープウェイに乗るまでに休日は1時間くらい待たなければならない状況のようです

スポンサーリンク

注意点

強風による運休(出典:もいわ山公式サイト

強風の為、本日(12/17)は始発よりロープウェイ・ミニケーブルカーとも一時運休いたします。
再開の際は改めてお知らせいたします。

もいわ山公式サイト

ロープウェイ・ケーブルカーは天候により運休することがあります

雪のため景色が見えない

雪や雨が降ると景色が見えなくなります

山頂駅の積雪

もいわ山は標高531メートルと高い山ではありませんが地上より寒いです

ロープウェイ・ケーブルカーはコロナ対策のため窓を開けて換気しています

出典:一般財団法人札幌市交通事業振興公社

内回りと外回りどちらに乗っても目的地に行けますが、逆方向に乗ってしまった場合1.5倍時間がかかります

慣れない場所での移動&待ち時間や混雑状況などにより、思っている以上に時間がかかります

私が行った日は比較的空いていたのに、待ち時間を合計すると1時間くらいになりました

時間に余裕を持って移動したほうが良いです

注意点のまとめ&対策

●ロープウェイ・ケーブルカーは天候などにより運休する

 対策公式サイトで運行状況を確認する

●雪や雨が降ると景色が見えない

 対策公式サイトのライブカメラで景色の見え方を確認する

●地上より寒い

 対策 → 防寒防風の衣類を着てカイロを用意する(防風素材を着ると暖かさが全然違います)

●不慣れなエリアでの移動や待ち時間に思っている以上に時間がかかる

 対策 → 余裕を持った計画を立てる

ついでに観光したい場所

国指定重要文化財「豊平館

09:00~17:00(入館は16:30まで)

豊平館

中島公園内にある明治初期に作られた元ホテル

明治・大正・昭和天皇が滞在された「梅」をはじめ、豪華な装飾をされた館内を見ることができます

中島公園近くには中央区スイーツの名店「ボン・ヴィバン」があり、美味しいスイーツを持ち帰りできます

ボン・ヴィバン

北海道神宮

北海道神宮(春)

車で移動できる人は北海道神宮がおすすめ

神宮内の桜

お参りしながら六花亭の限定お菓子などを食べることができます

北海道神宮(夏)
六花亭 神宮茶屋店

六花亭神宮茶屋店限定のお菓子「判官さま」

目の前で焼いてくれるので、出来たて熱々を食べることができます

判官さま

冬は、夏ではあまり見つけれない野生のエゾリスも見ることができます

北海道神宮(冬)

コメント

タイトルとURLをコピーしました